<NO.31>訪問看護ステーション黒字経営への6ステップ【③定着率向上】

<NO.31>訪問看護ステーション黒字経営への6ステップ【③定着率向上】

 

【③定着率向上】は大きく分けて2つのセクション意識し取り組むだけで大きく改善します。

1つは『入職前と後のギャップを減らす』

2つは『職員満足度を上げ続ける』

 

 1つは『入職前と後のギャップを減らす』

実例は  <NO.5>『離職者を減らす』処方箋とは?にて紹介させて頂いています。

☞要は面接(入職意識がある事を確認した)後に、入職日までにリクルーター(新人教育担当者)と接触機会(食事が望ましい)を増やす事によりギャップを極力減らす事が可能です。

 

2つは『職員満足度を上げ続ける』

実例は<NO.17>【定着率UP処方箋】NO2次第で組織は激変する! にて紹介させて頂いています。

☞実例では、TOP(オーナー)とNO2(現場リーダー)の距離感を近づける事が出来たため成功したましたが、現実は下記のような事をよく言われます。

『”職員満足度を上げ続ける”といっても、何から手を付ければ良いのかわからない』と。

そこで下記図(視点)を参考に何から手を付ければ良いのかを把握する方法もございます。

上記図は、私が人事採用コンサルタント時代から商社で人事現場に携わっている時まで、組織診断でお世話になりました『リンクアンドモチベーションさん』からお教え頂いた視点です。

 

要するに『期待値(重要度)が高く』✖『満足度(達成度)が低い』項目を抽出し、改善し続ける事が結果として職員満足度を向上させる事に繋がっていきます。

 

また項目抽出方法に関しては下記のようなアンケートを無記名で行う事をお奨めします。

【提供】株式会社ケアレビュー 職員満足度調査