<NO.34>訪問看護ステーション黒字経営への6ステップ【⑥リピート化】

<NO.34>訪問看護ステーション黒字経営への6ステップ【⑥リピート化】

 

それでは最終ステップの【⑥リピート化】に関して。

⑥リピート化】=【利用者満足度の追及】とも言い換える事ができます。

 

【③定着率向上】=【職員満足度調査】に関しては、調査シートを利用し問題点(期待値が高く✖満足度が低い)を抽出する事も出来ますし、『質問型面談』にて調査シートを使わずしても問題点を抽出が出来ました。

 

但し、この【⑥リピート化】=【利用者満足度の追及】のステップに関しては、利用者に対してヒアリングを行っていくには難易度が高くなる為、弊社では下記のような手法を取り入れています。

【提供】株式会社ケアレビュー 患者満足度調査 

長期に渡り安定的な黒字経営を行なう上での根本要因はやはりこの『利用者満足度追及=経営の本質』に尽きると思います。

 

但し、短中期に渡る経営計画を作成していく上では、この『利用者満足度追及=経営の本質』だけではなく、【①募集案形成】☞【②面接】☞【③定着率向上】☞【④集客】☞【⑤営業】の方がより重要とクライアントを見渡す限り強く感じます。

 

【余談ですが・・・】

日曜日の21時からTBSにて『下町ロケット~ガウディ計画編~』放映されていますがご覧になられていますでしょうか?

◆佃製作所(阿部寛さん/佃航平社長)の強み:⑥(①~⑤は普通)

◆サヤマ製作所(小泉孝太郎さん/椎名直之社長)の強み⑤(①②④も強い)(ただ③⑥は軽視)

 

短中期的には「サヤマ製作所」に軍配があがり、長期的には「佃製作所」に軍配が上がりそうなところを見ると、どんな経営を行なっても、現在自社のポジションがどこであり、直近(1~2年)で強化しなければならない事、中期(3年後からは)で強化しないといけない事、長期(5年後からは)で強化しないといけない事を、事前に計画を立てしつぶしていく事(=売上設計書を描きPDCAしていく事)経営者として一番の仕事ではないかと思う日々です。

 

弊社のクライアントで業績を安定的に伸ばし続けている社長からの一言を思い出します。

『計画し確認する事が私の仕事』と・・・。

今考えれば深いな~とつくづく思います。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

如何でしたでしょうか?

訪問看護ステーション黒字経営への6ステップに関して7回に渡り配信してきましたが、少しは参考になりましたでしょうか?


弊社は今後もこの2分野6ステップ(採用分野:①母集団形成②面接③定着率向上)(営業分野:④集客⑤営業⑥リピート化)に関して強化を図り、将来必ず来ると言われている『訪問看護ステーション淘汰時代』を乗り越えれるよう備えていきたいと考えています。