<NO.45>利用者獲得営業の5ステップ【③解決策の確認】

【ステップ③】解決策の確認

このステップでも、弊社スタッフが初回訪問時に共通して使う【③解決策の確認】方法です。

参考になれば幸いです。

 

Y☑(欲求回答)そのような中で、現在何か解決への行動はされているのでしょうか?
A:・・・している(場合)
Z☑その成果はどんな感じですか?
a☑具体的にいくらくらいで?どのくらいのスパンで?
b☑何故それを選択したのですか?
c☑という事は、そこから何を経験しましたか?
B:何もしていない(場合)
d☑何故、していないのですか?

 

如何でしたでしょか?

このステップでは相手に自問自答をして頂くステップです。

前々回にもお伝えした通り・・・

説得するのは営業マンではありません!お客様自身である事を肝に銘じてください! 

何故ならば、情報が溢れているからです。

インターネットが無い時代は、『営業マンの情報=貴重な情報源』として重宝されました。

今は『営業マンの情報=説得情報』として煙たがられます。

だからこそ営業マンはしゃべてはいけないのです。

しゃべる時は『質問する時と相槌を打つ時』くらいに思っていた方が良いと思います。

だからこそこの質問型営業は現代の営業活動にとっては絶大なる効果を発揮します。 

 

次回は【④欲求の再確認】を配信していきます。

お楽しみに!