<NO.58>訪問看護ステーション経営で大切な三大カテゴリー『M・P・A』とは?(その①:M)

お問い合わせを頂き、初回診療にお伺いした際に色々な質問をさせて頂く中で、『M・P・A』の3つの内どこに強みを持っているのかを捉えるようにしています。

 

1つ目

M=Marketing(マーケティング)と聞くとどのように感じるでしょうか?

定義は人夫々あると思います。

 

弊社では次のように定義しています。

『マーケティング=目の前にターゲットを連れてくる見せ方』

 

訪問看護業界でここを強化しているところはごく僅かと思います。

医療業界外(一般社会)ではマーケティング要素を取り入れてはPDCAを繰り返し切磋琢磨しあっています。

だからこそマーケティングを強化をする事により、地域内NO1ステーションへ飛躍的な勢いで到達する事を可能にしてくれます。弊社施術サービスは全ての施術にマーケティング要素をかなり取り入れています。

 

但し注意点があります。

このマーケティングのみを強化し次項の『P』を疎かにすると、短期的に規模成長はするものの『安定的な黒字経営の継続』する事は不可能です。

 

何故ならば、『張りぼて』を作る事はそこまで難しいことではなく、且つ簡単に業績を上げてしまう事が出来る為、努力を怠り次の一手が遅れてしまい、結果資金ショートに陥り閉鎖せざるを得なくなったケースをいくつも見てきたからであります。

 

過去の事例集にもマーケティングに関して色々と配信してるので覗いてみてくださいね。

<NO.42>利用者獲得営業の5ステップ【⓪全体像】

<NO.20>”最強求人票”の法則=『PASONAの法則』~<NO.25>『P・A・SO・N・A の法則』その伍~A~  

【推薦書】

M=Marketing(マーケティング)に関して深堀したいと感じた方は左図の本を推薦致します。

 

施術前に必ずオーナーや管理者の方にお読み頂く指定本でもあります。

 

神田先生のマーケット本数十冊を一冊に凝縮した分厚い本です。

60分では到底咀嚼する事が出来ないほどの内容が濃い本です。

 

ただ読むだけでなく、何度も何度も自社のビジネスに当てはめながら、マインドマップへ吐き出して再考する事により、オリジナルの「M」を得る事が出来ます。

上記のような作業が好きな方は是非チャレンジしてください!

 

苦手な方や興味が沸かない方で『苦手な事はプロに依頼し時間を買う』という発想のオーナーは弊社までお声がけ下さい!

 

ご参考までに!