<NO.71>研修会や勉強会を”ものに出来る人”or"出来ない人"

看護師さんは職業柄、研修会や勉強会に参加される機会が多いと思われます。

弊社のセミナーにも沢山の看護師さんにご参加頂いています。

 

私はいつも疑問に思っていた事が1点ありました。

『同じ内容を伝えているのに、ものにする方とものに出来ていない方がいらっしゃるという事実』

 

・頭の良し悪しじゃないの?

・経験数の違いじゃないの?

・ポイントをメモとして取っているか取っていないかじゃないの?

 

どれも不正解ではないのですが正解でもなさそうです。

 

では、ものに出来ている方の共通点とは?

実は下記の①~⑤を達人レベルになれば無意識的に行っています。

<当日>

①インプット情報をフィルターにかけている。(アンテナを立てている/目的意識を持っている)

②フィルターにかかった情報をメモしている。(知識を知恵に変換している)

<後日>

③そのメモを見返している。(知恵を整理している)

④必ずアウトプットしている。(知恵を形にしている)

⑤アウトプット=公約するので必然と行動している。(知恵をPDCAしている)

 

①②は右脳、③④は左脳を活用しています。

 

何か見えてきたでしょうか?

そうです!世の中の成功者はこのサイクルを身に着けているのです。

というかこのサイクルにより成功体験を経験しているのです。

 

『自分はセミナー通で読書も年間100冊は読んでいますが成功しません!』

たまにこのような『努力貧乏』の方、いらっしゃいますよね。

おしいですが、①~⑤のどれかがかけていると思われます。

 

『いや!①~⑤もやっているけど成功しない!』

このような方もたまにいらっしゃいます。

このような方は下記の3パターンに分かれます。

❶アンテナの立て方が悪い。

❷行動量が足りない。

❸継続力が足りない。

 

特に全ての根源である❶に問題の原因があるケースがほとんどです。

❶を知りたい方にお勧めしたい本がこちらです。

 

「自分のDNAに組み込まれた先天的な才能を活かしていますか?」

私はこの本に出会った時にこのように問いかけられた気持ちになりました。

 

そして、過去の出来事(良いこ事も悪い事も)に関しての共通点を棚卸できました。

☞なぜあの時、レギュラーをとれなかったのだろうか?

☞なぜあの時、あの人に惚れたのか?

☞なぜあの時、勉強に燃える事ができたのか?

☞なぜあの職場では、力が発揮できたのだろうか?

☞なぜあの職場では、力を発揮できなかったのだろうか?

☞なぜお酒を飲むと、おごりたくなるのか?

☞なぜ、お金に執着心が持てないのだろう?

☞なぜ、与えようとするビジネスばかりやりたがるのだろう?

☞なぜ、湯水の如くビジネスアイデアが浮かぶのだろう?

☞なぜ、アイデアをお金にするのがうまくないのだろう?

 

このような誰にでも経験した事がある謎のモチベーションや言動はどこから来ているのか?

突き詰めて考えていくと、「あるもの」が見えてきます。

 

その『あるもの』が才能の源泉である事に気づいてからは、良い事が起ころうが悪い事が起ころうが、迷いがなくなりました。何故なら『神様が自分に与えた使命』と本気で思えるようになったからです。

 

『才能』とか『神様』とかなんやらスピリチュアル的な怪しい言語が並びだしましたが、私は仏教の宗派もあまり覚えていない一般家庭出身ですのでご安心くださいね(笑)

 

このご時世『才能を活かしたもの勝ち』と心のどこかで感じている方は是非一読しても損はしないと思いますよ。

また『努力しているのになぜか実らない』と感じている方にもお勧めです。

 

ご参考までに!