<NO.72>『理念・戦略・戦術・戦法』掲げていますか?

弊社のCI(私たちの存在価値)をご覧になられ、『CI(Corporate Identity)創りを教えてほしい』との依頼を頂くケースが多くなってきました。

 

CI創りの際は、下記のように『木』に例えるか『太平洋戦争時のアメリカ』を例にしてイメージしてもらうようにしています。

 

【木に例えると】

◆根:①理念(存在価値/何を達成するために集まっているのか?)

◆幹:②戦略(右脳)

◆枝:③戦術(左脳)

◆葉:④戦法(行動指針/クレド)

 

【太平洋戦争時のアメリカを例えると】

先の太平洋戦争ではアメリカはしっかりとこの4つを持ち日本に挑んできました。

◆根:①理念:真珠湾攻撃されたから今、アジアを席巻しだしている日本を今のうちに叩いておこう!

◆幹:②戦略:世界一の武装力で叩き潰そう!

(南太平洋より北上し、沖縄占領し、本土空襲、再度は原発を落とし終結させよう!)

◆枝:③戦術:局地戦(例:沖縄戦)をこのように戦っていこう!

◆葉:④戦法:(局地戦の中で)チームAをここに配置し、チームBはここで投入しよう!

 

【弊社で例えると】

◆根:①理念:『汗相当の環境を平等に』の世界を創りたい!

◆幹:②戦略:『訪問看護業界のインフラを創る』事により

◆枝:③-1戦術:『【訪看.COM ©】を全国区にする』事により

◆枝:③-2戦術:『卒業看護師の紹介料を運営費に充て、無償の訪問看護師育成学校を創る』事により

◆葉:④戦法:『直営&フランチャイズ共にクレドを厳守する』事により

 

あなたのステーションには理念、戦略、戦術、戦法がありますか?

今なくて大丈夫です!

創れば良いだけです!

今気づけて良かったです。

 

では、理念、戦略、戦術、戦法があればどのようなメリットがあると思いますか?

大きく分けて3つのメリットがあります。

①【人】求める顧客とスタッフが集まり

②【時】能動的な集団へ生まれ変わりムリ・ムラ・ムダを排除でき

③【金】①✖②=③方程式のように結果が残る

 

創業社長は、『理念、戦略、戦術、戦法』まで全て絵に描かないとスタートできませんが、みなさんのステーションはどの段階でしょうか?

◆創業前☞『理念、戦略、戦術、戦法』を自ら描かないと仕方ないですね。

どうしても苦手な分野は弊社に投げて頂いても結構ですよ!

◆創業後☞TOPが①②(右脳)が得意か、③④(左脳)が得意か?得意な方に時間を割いてください。

不得意な方は、得意な方と一緒に作り上げるのが良いと思われます。

理念と言われても・・・

『とにかくお金を稼ぎたい!』という方。

『とにかく利用者さんをしっかりと看護したい!』という方。

実は結構いらっしゃると思います。

 

◆根:①理念(存在価値/何を達成するために集まっているのか?)

ここが見つからない方には、この2冊をお勧めします。

<1冊目>

北端康良さん『才能が9割』

※先日ご紹介した『自分の秘密』の著者です。

※『才能が9割』『自分の秘密』は今後の事例集にも多頻出するのでぜひご一読を!

<2冊目>

あのメンタリストDaigoさん『人を操る禁断の文章術』

※題名は『操る』や『踊らされる』と過激ですが、内容はいたってシンプルで活かし易いです。Daigoさんの”出しゃばらない頭の良さ”を感じる1冊です。

※『人を操る禁断の文章術』を訪問看護経営へ活かす方法はシリーズもので後日配信予定です。

 

自らの才能を<1冊目>で把握し、表現方法を<2冊目>で習得しアウトプットして行く為にも是非ご一読を!