<NO.110>社長!『お金では手に入らないもの』軽視していませんか?

『売上設計図』を作成する上で必ず考慮して頂くようにしている事があります。

・健康

・家族

・趣味

・仲間

 

<疎かにすると・・・>

・健康:全てが停止します。結果、多大な迷惑を周囲にかけてしまいます。

・家族:取り戻せません。結果、将来孤独な人生を歩む事になります。

・趣味:幅がなくなります。結果、大成しない上、退屈な老後になります。

・仲間:取り戻せません。結果、頼るところがなくなります。

 

<と伝えても社長達はこのような思いをぶつけてきます>

『早死にしてもかまわない』

『家族は最後だ!』

『趣味が仕事だ!』

『仲間はスタッフだけだ!』

お気持ちは痛いほどわかります。

かつて私も同じような気持ちでお仕事をしていましたので。

 

ただこのようなお気持ちになれませんか?と尋ねます。

『その自己認識(I think~/~と私は思っている)を”ニュートラル”にできませんか?』と。

何故ならば

その強烈な自己認識が、今までは「アクセル」になっていたかもしれませんが、今後「ブレーキ」になりかねないからです。

 

自分も含め周りの社長達を見ていると自己認識を変えるチャンスは3パターンのみです。

①今までの実績と目指している目標にギャップがある時

②目前の壁をどうしても越えれない時

③本当に失った時

 

①で気づけばラッキーです。但し「人生の目標バーが高い」という生まれ持った素質が必要です。

②で気づけばチャンスです。このチャンスを逃せば③に転落してしまします。ラストチャンスです。

③で気づいても手遅れです。ただ『お金では買えないもの』に腹の底から気づくチャンスでもあるのです。

 

何かを感じて頂ければ幸いです。

この本に出会った時は確か24歳だっと思います。

学生時代から起業家を目指していた私にとって衝撃的な内容でした。

 

<要約すると>

☞組織が成功するほどに付随する家庭の闇。そして社内の人間関係トラブル。法則のように・・・。

 

『そんなばかな!』と思いたかったのですが、周囲の経営者を見渡すと、かなりの確率で「家族」や「体調」に闇を抱えていた事に。

 

この闇の自然法則に

・怖がって行動を起こさない。(25歳~)

・そんな馬鹿な!と軽視し行動する。(30歳~)

 

今では

・必ず来ると受け入れ、この闇の法則に対し準備し、行動する。

 

昨今ブームになりつある「マインドリセット」や「セルフコーチング」等の本質は『表も裏もプラスもマイナスも陽も陰も・・・全てを受け入れる事(=ニュートラルにして受け入れる)』と解釈しています。

 

全てを受け入れる事ができれば・・・

『ありのままの自分』で生きて行く事が出来、肩の力が抜け

今まで跳ね返されていた”壁を超える”というよりかは”スリ抜けていける”・・・・

そんな感じです。

 

一度『ニュートラル』に受け入れると違った世界が見えてくるはずですよ!

お試しあれ!