<NO.135>「そろそろ反応が欲しくなってきたな~」この感覚がスタートのタイミングです。

「新しい事業を計画し準備を行う上でどのタイミングでスタートを切ればよいのか?」

よくこの質問は社長より頂きます。

 

良くも悪くも反応が欲しくなってくる感覚。

その感覚が抑えきれなくなったタイミングが

スタートの最適なタイミングであると私は考えています。

 

何故なら・・・

①それ以上考えても、「やらない」という判断を下し計画が頓挫するだけである為。

②それ以上考えても、「生産性」が低い為。

 

そんなスタート時期を悩む時間があれば

『銃撃に続いて大砲発射』というプランを練る時間に費やしましょう!

 

外野がどうのこうのといったって

商売なんて結局はやってみなければ

わからない事だらけですしね。

 

「良くも悪くも反応が知りたい」

この『悪くも』という感覚が特に大切で

ここまでの感覚が芽生えているのであれば

失敗しても大丈夫!

 

原因を糧に成功により早く近づけると思いますよ!