<NO.146>「精神的幸福を提供できるステーション」が優秀な人材を採用できる時代へ!

テーマ:「精神的幸福を提供できるステーション」が優秀な人材を採用できる時代へ!

 

・母体が公立(大手)病院だから

・給料が良いから

・福利厚生が手厚いから

『このような物理的幸福(ハード面)=優秀な人材を採用できる理由』ではなくなってきています。

 

特に顕著にして見られる層としては・・・

・新卒看護師

・子育てを終えられた50代以上の看護師

 

何故か?

【新卒看護師】

・ガツガツ働いている看護師に憧れを持てない

・精神的幸福(=物理的幸福以外の大義名分)を掲げ働いている看護師に対し「憧れやカッコよさ」を抱いている。
【子育てを終えられた50代以上の看護師】
・既に物理的幸福は絶対的に必要ではない。
・過去に精神的幸福を得られなかったから。
このような背景が伺えます。
もちろん【物理的幸福】✖【精神的幸福】を提供できるステーションが
採用上優位に立てる事には変わりありません。
ただ、全てを中小零細ステーションは特に【物理的幸福】を、大手同等に提供することは難しいと思います。
このような表現にて【精神的幸福】を訴求し、多数の応募者を獲得できているステーションがございます。
・●●といった訪問看護を提供したい。◎◎といった訪問看護社会を実現していきたい!(ビジョン)
(具体例:地域で一番、未経験訪問看護師にやさしいいステーションを目指しています)
・その為の取り組みとして具体的に○○を実施している。
(具体例:〈訪問看護未経験者の戦力化プログラム実施〉+〈研修費や書籍購入費負担〉)
・給料やお休みは平均以下かもしれませんが、このような想いに共感した仲間で運営しています。
・私たちの想いに共感していただける方。お待ちしています。
何をお伝えしたいかというと・・・
・採用上手なステーションは、営業上手でもあります。
・但し、看護の質が必ずと言って高いかといえばそうではありません。
☞このようなステーションは、『看護の質を高める』事に利益を投資していましょう!
そうすれば、ダントツ地域NO1もそう遠くはないと思いますよ!
逆に
・採用下手なところは、営業下手でもある傾向になります。
・但し、看護の質は高い傾向にあります。
☞このようなステーションは、『コミュニケーションの質を高める』事に利益を投資していましょう!
そうすれば、地域NO1に必ずなれます。
★『看護の質を高める』事
★『コミュニケーションの質を高める』事
どちらのメソッドもご提供できますので、ご興味あればお声がけください。