<NO.151>「規模大=採用難/規模小=営業難」傾向あり!

弊社クライアント(セミナー参加ステーション殿含む)は弊社コンテンツの何を導入いて頂いているか?

●常勤換算看護師10人以上(大規模)・・・採用支援依頼が多い傾向があります。

●常勤換算看護師3人未満(小規模)・・・営業支援依頼が多い傾向があります。

 

 皆様も同じ傾向ではないでしょうか?

 

要するに「大規模ステーションになれれば生き残れる可能性が高まる」と言い切っても過言ではありません。

 

では「小規模ステーション⇒大規模ステーション」になるのは?

 

ステップバイステップの優先順位があります。

 

ステップ①:単価を上げる

(例:「その他利用料」をもれなく請求できていますか?)

(例:家族支援までの時間を取れていますか?ケアマネ同行を促し「30分以上」と判断して頂けるよう)

 

ステップ②:訪問件数減少の未然防止

(例:<夏場>脱水症予防の看護は実施していますか?)

(例:<冬場>肺炎予防する看護は実施していますか?)

 

要するに、現状「あるもの(=利用者)」を『活かし』&『逃さず』がキーワードです。

ザル状態であれば、まずはザルの網目を締める必要があります。

 

コストもかからず、今後利用者や職員が増えた時も、高収益体質にて

大規模ステーション同士が競争する時代になっても勝つことができます。

 

ステップ③以降は明日また配信していきます。

 

お楽しみに!