<NO.176>『③戦力』の採用方法・・・道具編

事業代表の井上です。

 

私はセミナーやクライアントの打ち合わせの現場で

よく「採用を釣り」に例えてお話しをします。

 

訪問看護師を自社採用する上で絶対に欠かせないツール(道具)が

・ホームページ(釣りで例えると”竿”)

・採用ページ(釣りで例えると”リール”)

です。

 

100ステーション以上、自前採用に導いてきた弊社では

ある傾向と事実を掴んでいます。

 

それは・・・

A:『100万以上する高い道具(ホームページ・採用ホームページ)を買って、手入れをしないステーション』

B:『数万円程度の安い道具(ホームページ・採用ホームページ)を買って、自ら手入れをするステーション』

 

果たしてどちらが自前採用に成功したと思いますか?

 

結果は・・・

『B』ステーションの圧勝です。

しかも平均してトリプルスコア以上、応募者数の開きが出ています。

 

では数万円で手に入る道具とは・・・

 

<ホームページに関しては>

☞http://jp.jimdo.com/

(参考事例)http://www.freeagent-th.com/

※弊社ホームページも「jimdo」にて自社制作しています。

※ランニングコストは月々1000円程度です。

 

<採用ホームページに関しては>

☞https://www.wantedly.com/about/list

(参考事例)https://www.wantedly.com/projects/65462

※平均年齢29歳と若い職員採用に成功しているステーションです。

※初期(応募者10名閲覧)までランニングコストは0円です。

 

この2つのツールは安いだけではなく

事務レベルのPCスキルがあれば、専門的なHTMLといった言語を知らなくても

自由自在に楽しみながら作れ、いつでも更新できるという点が最大のポイントです。

 

 このように、低コストで「自前採用」という再現性ある仕組みさえ作ってしまえば

今までの採用コストを「看護の質向上(=教育)」や「定着率の向上(=福利厚生)」へ投資ができ

強いステーションを築き上げる事ができます。

 

「安定的な黒字経営の継続」を達成するには

低コストで「自前採用」という再現性ある仕組みを作るしかないと弊社では考えております。

 

人件費率80%前後という労働集約型のステーションビジネス。

言い換えれば「人」が全てのビジネス形態。

・訪問看護師をいかに安く

・再現性をもって採用し続け

・自ら育ち定着する環境を整えられるか否かで

勝負は決まります。

 

それでもまだ

「魚屋(紹介会社)で、店員(営業マン)の言いなり、質がわからない高い魚(看護師)を買い続けますか?」

 

もし魚屋(紹介会社)を利用する場合は

「行きつけ(長年付き合い)になり、店主(良い看護師を優先的に回してくれるキーマン)を捕まえて下さい!」

 そう考えると紹介会社を利用するメリットは、大手病院や大規模ステーションしかない事がお分かりと思います。

 

「うちも自ら作った竿とリールの仕掛けで、狙った看護師を採用し、活かしビジョンを達成したい!」

というステーション経営者殿は弊社ブログを読み漁り、自分のものにしてくださいね。

 

「面倒くさい!」

「そんな時間はない!」

「やってくれ!」

「教えてくれ!」

そんな経営者殿はこちらのサービスをどうぞ!

http://www.freeagent-th.com/

 

 

[備考:今月の配信予定テーマです]

・道具は知恵を使い自ら作り(本日のテーマ)

・仕掛けも知恵を使い自ら作り(次回のテーマ)

・貴重な利益の唯一の投資先は釣り上げた後の「餌」のみ

・場所も知恵を使えばいくらでも安く済みます。

・腕は知識と経験を積めばいくらでも上がります。

 

お楽しみに!