<NO.186>ビジョンが大きければ『新卒訪問看護師採用』を!

「新卒採用ってどう思います?」

最近クライアントからよく聞かれるキーワードである。

 

この質問にはいつも決まり切ってこう答えています。

「ビジョンをス達成する上でステーション数や規模を大きくする必要があれば、今すぐにでも取り掛かった方が良いと思いますよ」と伝えています。

 

何故なら・・・

<内的要因>

☑新卒採用はやればやるだけ採用力を高める事が出来、年々良い人材を採れるようになる為

例)学校とのパイプを年々太くすることができる

例)新卒入社組の先輩を実例として活かせる

例)再現性ある方程式を掴みやすい

 

<外的要因>

☑他のステーション新卒の良さを気づいていないと思っている為(=まだまだブルーオーシャンである)

例)「訪問看護師は病棟で5年程度実績を積まないとできない」と思っている為

例)「経験がない新米看護師を訪問現場に怖くて向かわすことができない」と思っている為

 

釣りで例えると・・・

新卒採用・・・「釣り堀」で釣りをするようなものです。

中途採用・・・「大海」で釣りをするようなものです。

 

実際に

新卒で訪問看護師等(病棟以外)を希望する学生の率は『※19.8%』

実際に訪問看護師になる率は『※2%』

乖離が『18%弱』あるのです。

 

要は約7,740人の看護学生が訪問看護に夢見たのに結局は病棟勤務になっているのです。

8000人近くとの看護学生が希望通りに訪問看護の世界へ入職できる環境が整えば

3年で看取り難民問題は解決するのです。

 

主な乖離要因としては・・・

☑売り手の不安(臨床経験がないのに実際に現場で一人で看護できるか不安)

☑買い手の未整備(新卒はフレッシュでいいが、ちゃんと育てることができるか不安)

☑常識(売り手だけでなく親や仲間も買い手も「新卒で訪問看護は無理」という常識)

この3点が大半を占めています。

 

不安を取り除き、新しい常識を作り出す為の解決策はたったの一つしかありません。

 

それは

『実例を作り&発信し続ける事』

これしかありまえん。

 

いつの時代も何を行うにしても「人と違う事をするから偉業を達成できる」のです。

 

だからこそ

大きいビジョンを是が非でも達成したいステーションオーナーは新卒に取り組むべきなのです。

 

弊社がお役に立てる事は中途と同じ。

ただただ「採用ストーリー」を描き

表現&発信が得意な協力会社に依頼し

全体をディレクションをしていく事。

 

採用した後の教育に不安であれば

新卒訪問看護師教育カリキュラムを持った

協力会社を紹介いたします。

 

あくまでも弊社のスタンスは『餅は餅屋スタイル』で

今後も意識高い系のステーション殿オーナーをサポートし続けていきたいと考えております。

 

新卒訪問看護師採用にご興味があれば、下記お問い合わせURLより

備考欄に「新卒採用検討」と入力いただき送信願います。

http://www.freeagent-th.com/お問い合わせ/

 

[※部分の参照資料]

2008年度厚生労働省老保事業「新卒看護師等の訪問看護ステーション受入れおよび定着化に関する調査研究事業」