<NO.188>営業や採用が出来るステーションはここを理解しているだけなのです

営業は「目の前の相手がどの様な機会損失が起こっているのか?」さえ読み解けば

あとはそこにフォーカスして提案するだけでいいのです。

採用でも同じなのです。
何も困る事がなければ何かを買ったり、転職などしないものですよね。
ただ最初から聞いてもなかなか本音は出ないもの。
「(過去の武勇伝などを聞き)何も困り事なんてないでしょう?」
と聞けば自ずと悩み事は言ってくれるもの。
また悩みなんて人それぞれ。
全ての人の悩みに対応してては、資源が足りません。
だからこそ絞る必要性があるのです。
これは採用でも同じなのです。
ではどの様に絞るのか?
それは既にある強みを活かすのです。
強みを活かし悩み事を解決するのです。
強みとは・・・
あなたと既に付き合っている顧客やスタッフが
どうしてあなたと付き合っているか理解すればいいのです。
リピート率が悪いだとか定着率が悪い場合は
大抵「困り事解決要因=強み」になっていない場合がほとんどです。
営業や採用が出来るステーションはここを理解しているだけなのです。