<NO.194>一番大切な社長の仕事

事例blog集UPしました
<NO.194>一番大切な社長の仕事
http://www.freeagent-th.com/事例ブログ集/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

社長の仕事で一番大切な事。

・コンセプトを創る事

・人を採用する事

・人を育てる事

・顧客を創る事

・ブランドを創る事

・金策に走る事

 

全て大切ですが一番ではありません。

 

一番大切な事は・・・

いざという時の為に選択肢を準備しておく事

と私は考えています。

 

とはいうけど・・・

「目の前の実務でいっぱいいっぱいだよ!」という事が聞こえてきそうですね。

 

そんな時私は次のような質問をします。

[Q]社長!何の為にステーションを経営しているのですか?

 

この質問の潜在的な本当の答え(=コアビジョンやアウトカム)がステーションの全てであり

そのコアビジョンやアウトカムを達成する手段として「訪問看護師採用が最適である」と双方が腹に落ちた時、私たちの出番であると思っております。

 

(余談)

引く手数多の看護師の中でも、「いけてる看護師」と「いけてない看護師」を見分ける方法があります。

☞質問内容によりわかります。

 

「いけてる看護師」

☞ステーションを開設されたきっかけは何ですか?

☞今後どのような方向性で運営される予定ですか?

☞評価方法は?

 

「いけてない看護師」

☞条件面ばかりの質問に終始・・・

 

この違い何かお分かりですか?

・いけてる看護師は「伸びるステーションか否か」をまずは見極めようとします。

次に「自分がやりたいことが出来るか否か」を確認してきます。

最後に「評価方法の信憑性」を確認してきます。

 

・いけていない看護師は「いかに良い採用条件で契約を結んでもらえるか」を見極めようとします。

 

なぜなら

・いけてる看護師は、(パフォーマンスを発揮できるとわかっている為)①ステーション自体の業績が伸びさえし、②やりたいことができ、③得する評価方法を実施していれば、最初は低くても必然と己の給料が上がるとわかっている。(=いけてる人材はどの業界でも「しゃがめる」という事です)

 

・いけてない看護師は、(パフォーマンスを発揮できないとわかっている為)最初から良い条件で契約しようとするのです。

 

結局のところ・・・

本当に良い人材を安価で採用しようと思うと

ステーションのトップのスタンスや目線が上がらない限り

弊社が介入する事で安価に集める事は出来るかもしれませんが

採用し長期にわたり従事して頂く事は不可能なのです。

 

「自分より優秀な人材を採用し雇用し続ける事は出来ない」のです。

 

スタンスや目線を上げるきっかけになって頂ければ幸いです。